演習問題

演習問題

基本法務
実務に即した
必要最低限の
法律の知識
政策法務
既存法令や制度等の
解釈・運用に関する
基礎知識

基本法務

表現の自由に関する次の記述のうち、最高裁判所の判例に照らして妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
民法上の事務管理に関する次の記述のうち、妥当でないものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
民法に定める法定利率に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。なお、解答は平成29年の改正民法を前提とする。
不正解です
正解=3
解説は問題集へ
法の解釈に関する次の記述のうち、最も妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=4
解説は問題集へ
地方公共団体の予算に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
業務として他人の物を受託して保管しているAが、受託・保管に関わっていない妻Bと共同して受託物を着服してしまった事案における次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
地方自治法に定める現金の出納等に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=3
解説は問題集へ
地方公共団体の一般職員による行使目的の文書の偽造に関する次の記述のうち、妥当でないものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=3
解説は問題集へ
行政事件訴訟法に定められた仮の救済制度に関する次の記述のうち、妥当でないものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=4
解説は問題集へ
国家賠償請求に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=3
解説は問題集へ

政策法務

行政不服審査法に基づく自治体における審査請求の事務に関する次の記述のうち、妥当でないものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
自治体法務と地方自治の本旨に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=4
解説は問題集へ
規制条例における行政手法に関する次の記述のうち、妥当でないものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
規制政策における違反者の類型とそれに対する適切な執行戦略の組合せとして妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=1
解説は問題集へ
個人情報保護制度に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=1
解説は問題集へ
政策執行過程論に関する次の記述のうち、最も妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=3
解説は問題集へ
住民訴訟に関する次の記述のうち、妥当でないものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
違法状態の是正に関する次の記述のうち、妥当でないものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=4
解説は問題集へ
自治体独自の議会改革に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
行政代執行に関する次の記述のうち、妥当なものを1 つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
地方自治法において条例で定めなければならないとされている事項に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=2
解説は問題集へ
自治体が設置する附属機関に関する次の記述のうち、妥当なものを1つ選びなさい。
不正解です
正解=3
解説は問題集へ